心の奥に眠った本音に気づき、自分らしい世界観を描こう

「ワタシで行く」覚悟が決まった

ライフコーチ
NaokoNaoko

これまでのフォトセッション , , , ,

先日クライアントさんから世界観フォト・コーチングの感想をFBにアップしていただいて、嬉しすぎてまた涙してしまいました。

【井田志保さんFacebook】

ご本人の許可を得て、以下全文掲載させていただきますね。

《ワタシでいく》

35歳からのオトナの大反抗期を経て、
ずいぶん「作り込んできたワタシ」を壊して…
いや、ぶっ壊してきたつもりだったけど、
今年は総仕上げのような1年だった。

最後の最後に、
薄くて硬い武装をしながら、
好かれたい自分や
頼られたい自分、
感謝されたい自分や
価値のある自分でいたいと思っているワタシがいた。

そんなワタシを見事に崩壊させてくれる出来事が今年はたくさん起こった。

孤独や喪失感、無力感など、
半年はダメージを受け続けていたけれど、
やっとそのキズが癒えると同時に、
とてもとても軽くなった。

自分でもびっくりするくらい、ユルく、まるくなったと思う。

そんな自分を、
40歳で本来の自分に戻れつつある自分を、
今、撮ってもらいたいと思った。

世界観コーチ・フォトグラファーのNaokoさんに。

ずーっと撮影してもらうことを望んでいたけれど、
「まだ今の自分じゃ撮られたくないな…」
という気持ちが片隅にあって、
結局、希望してから1年半もかかってしまった。

そして、今回、やっと、Naokoさんのファインダー越しに今の自分を確認することができた。

うん、ユルい。

まぁ、ホントに、とてもユルい。笑

それでも、
それこそが、
この5年間、私が望んでいたワタシの姿であって、
とても嬉しかった。

『やっとここまでこれたんだな…』
と思ったら、
頑張ったなぁというキモチと同時に、
心底ホッとした。

そして、
この写真を見たら、
『やっぱり、今のワタシが望むことを実現させよう』
と覚悟も決まった。

これまでとは全然違う方法でかもしれないし、
これまでと同じような方法でかもしれないけど、
とにかく『叶える』。


ここまで少し離れたところから、
それでもずっと、
そっと見守ってくれたNaokoさんのおかげ。

ワタシの世界観、やっとみつけられたよ。

Naokoさん、ありがとう。

*****************************************

しほさん、大切なステージシフトの瞬間に立ち会わせてくれて、こちらこそ本当にありがとう。
これからお互いに自分らしさでいっぱいの世界を作っていくのを楽しみにしています。

これまでのフォトセッション

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください