本来の自分に戻れば、子育ても仕事も人生もラクになる。

もっと本音を出してみよう

ライフコーチ
NaokoNaoko

働くママのマインドセット

シンドイ生き方からラクな生き方へのシフトを応援するママコーチのNaokoです。

 

誰かに遠慮して自分を出せなくなってしまうことってないですか?

 

私はあります。

 

これまで40うん年の人生の中で、ほぼ9割方自分を出せていませんでしたね。(汗)

 

もともと内向的な性格だったこともあって、嫌われないように、波風立てないように。。。といつも空気を読んでしまう遠慮がちな人生でした。。。

 

「言いたい。」

 

「だけど、言ったらきっと嫌われる~。」

 

「めちゃくちゃ責められるかもしれない。」

 

「ひょっとしたら、村八分???」

 

「今いる職場で、今いるコミュニティで生きていけないかもしれない。」

 

あーーーーーーーー!!!悶々続く。。。

 

えーっと、結論から言ってしまうと、本音を出した方が人には好かれます。

 

ああ、それ、自分も言いたかったけど言いづらいから、誰かに言って欲しかったんだよね!って思ってる人、周りにいますから。

 

相手にも「あ、こいつ、腹割って向き合ってきてるんだな。」という気持ちは、ちゃんと伝わります。

 

本音を出していないと、ああ、この人、本当は思ってることと違うこと言ってるんじゃないかな~、、、

 

うっすら伝わって、相手との間の空気がどことなく冷めてしまう。

 

コミュニケーションが薄っぺらく、味気ないものになってしまう。

 

もちろん、本音を出したら嫌う人もいますよ。

 

でも、それはその人の問題です。

自分が本当は言いたいことを我慢して本音を出せないから、人が出しているとイライラムカムカしちゃうだけ。

 

その人、あなたにとってどれだけ大事な人ですか?

 

今後も深く付き合っていきたい人ですか?

 

本音を出したら嫌われる。

 

それ、ただの思い込みかもしれません。

 

で、本音を言う時に注意したいのは、自分の本音も大事だけど、相手の本音も尊重しようねということ。

 

コミュニケーションは、常に双方向。

相手あってのものです。

 

自分の意見、意向を一方的に押し通すんじゃなくて、キャッチボールを意識してみるといいですよね。

 

「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」

 

職場でも、家庭でも、地域でも、本音が出せるようになってくると、すっごく気持ちが軽くなります。

 

気が付くと、なんだか知らないうちに素敵な仲間が集まってきたりしてね。

 

本音で生きる人は清々しい。

 

一緒にいる人も気持ちがいい。

 

もし、なんだか最近遠慮しちゃってるな。。。と感じているなら、少しずつでいいから、自分の本音を言うこと、自分に許してみてください。

 

その一歩が、あなたが見ている世界を変えていきますよ♡

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライベートも含めてつぶやいています♡NaokoのFacebookページはこちらから♡
働くママのマインドセット

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です