2020-01-31

コーチングはスッキリするのが目的ではありません

コーチングはスッキリするために受けるものではありません。

 

その場で話してちょっとスッキリするだけなら、ランチで気の合う同僚と話すだけで十分では?
(私は茶飲み友達として契約しているワケではありません。)

 

でも、それじゃ、きっと、この先もモヤモヤした現実は変わらない。

 

 

あーーーーーーーーーーーーーーー!!!

もったいない!!!!!!!!!!!!!

 

 

心からそう思います。

 

(もちろん、今の毎日に満足している人はいいけれど❤)

 

もし、何か挑戦してみたいことがあるなら。

 

今の日常に行き詰まりを感じているなら。

 

ぼんやりと思い描くだけじゃなく、

 

どうせ無理だと決めつけず、

 

本腰を入れて取り組んでみませんか?

 

 

 

 

誰かにどうにかしてもらおうとするんじゃなくて、

 

自分のために、自分の力で。

 

一瞬で変わった(ように見える)ものは、また一瞬でもろくも崩れ去ることが多いのです。

 

たった一回でうまくいくことなんて現実にはほとんどありません。

 

 

だけど何事も、トライ&エラーを繰り返せば繰り返すほど、成功に近づいていくのは事実。

 

(一人で途中で挫折しないように、目的地まで着実にたどり着けるように一定期間伴走するのがコーチの役割です。)

 

 

人に期待するより、自分で決めて動く。

 

それだけで、今までがなんだったの?と思うくらい

 

ずっと早く目の前の世界が開けていきます。

 

 

 

もし何年も前から状況が一向に好転していないなら、

 

ただ決めていないだけなのでは?

 

自分の可能性を自分で閉ざしているだけでは?

 

過去の経験や思い込みにしばられて思考停止しているだけでは?

 

周りや環境のせいにして、動かないことを選択しているのでは?

 

 

 

厳しいようですが、、、インスタントに現実は変わらないし、人任せな態度では言わずもがな。

 

 

 

クライアントから嬉しい報告が届くたびに、

 

「本気でやる!と決めた人から着実に欲しい未来を手にしている」

 

そう実感している私からの今日のメッセージです。

 

メールレター登録はこちら
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください