本来の自分に戻れば、子育ても仕事も人生もラクになる。

ライフコーチングで何が変わるの?

ライフコーチ
NaokoNaoko

ブログ

仕事も子育てもライフスタイルも♪人生を100%自分らしくデザインしたいママを応援するライフコーチのNaokoです。

昨日は私が卒業したコーチングスクール、ライフコーチワールドの忘年会でした~♪

15241842_865948810213112_6591121221596530609_n
ワタクシ、幹事チームだったくせに、息子の体調不良で遅刻したので、ここに写ってないんですけども。。。笑

ライフコーチワールドは、コーチとしてのスキルを身に付けるだけじゃなく、コーチとしての在り方=Beingを学ぶ場所なんですが、ここで学んだことが、私がそれまでの「いい子ちゃん」だった生き方と決別し自分らしく生きていくことを決意したターニングポイントであり原点。期は違えど一緒に学んだ仲間たちと集まって深く感じるものがありました。

私がライフコーチとして活動しようと決めたのは、ただ学んだコーチングのスキルを活かしたかっただけではなく、ライフコーチとしての在り方を知ることで私の人生が360度マルッとラクになったから
そして、望む人であれば誰でも自分らしい人生を創っていくことは可能だと確信できたことで、私もコーチとしてその実現をお手伝いしたいと思ったからでもあります。

そこで、今日は、ライフコーチングに興味がある人、ライフコーチングを受けてみたい人、ライフコーチングを学びたい人に向けて、私がライフコーチングを学んで一体何が変わったのか???について書いてみようと思います。

自分をマルッと受け入れられるようになった

私は(なんとつい最近まで!)とてもとてもいい子ちゃんでした。世間から見て恥ずかしくない自分でいることが最優先でしたね。笑
何しろ自分を主張することで誰かを傷つけたり、悲しませたりしたくなかったんです。もちろん、周りの人がhappyでいてくれることが私にとってはとても嬉しいことでしたが、一方で自分の気持ちに無意識に蓋をすることで、だんだん自分に自信がなくなり、自分自身を否定するようになりました。親や世間一般の価値観に合わせすぎてしまったことで、その価値基準を少しでも満たせない自分がダメだ、価値がないと勝手に思い込むようになっていました。

ライフコーチングを学んで分かったのは、自分に価値がないと思っていたのは、自分にダメ出ししていたのは、誰よりも私自身だったということ。そこに気づいたことで、いい子ちゃんだった私、完璧主義で一つでも欠けていると人間失格だと思っていた(←相当重症でした!)私から決別することができました。何十年もダメだと責め続けていた側面も含めて「それが私」「それも愛嬌♪」「それで、OKじゃん?」と思えるようになりました。自分自身を許し、開き直れたのかもしれません。

自分の本音にアクセスできるようになった

親や世間の価値基準に縛られて、自分の本音が分からなくなっていた私。
これは、かなりシンドイことです。自分で自分の目指す方向性が分からない。致し方なく誰かの価値基準に照らし合わせて目標を設定しているから、その目標を達成して一時的に誰かに認められたとしても、気持ちが満たされることがない。そうこうしているうちに自分自身のもともと持っていたエネルギーが枯れ果てて、頑張り続けることもできなくなっていました。
自分が心から望んだことじゃなかったからね。
ライフコーチングで自分に向き合い、自分の気持ち、自分の本音を聞くことができるようになったことで、他の誰かの基準じゃなく、自分が一番大切にしたいことを自分の人生の中心に置くことができるようになり、自分自身の人生が調和して、穏やかで満ち足りた気持ちで過ごせるようになりました。

自分の思い込みに気が付いた

誰にでも思い込みがあります。私自身も、厳格な家庭で育ったこともあり、「こうあらねばならない!」というガチガチの価値基準に縛られていましたね。思い込み自体は悪いことじゃない。自分の人生を形作ってきた大切な信念だったりルールだったりもします。
だけど、無自覚に抱えている思い込みが自分を苦しめていることも多々あるんです。自分が「こうあらねばならない。」と思っていたことは、これまでの人生に影響を与えた人からの刷り込みであったりすることもありますね。自分が抱えていた思い込みに気づいたら、それを修正するのも手放すのも自由です。私は、「思い込みってただの好みの問題かも?」とも思うようにもなりました。思い込みの枠を外すことで、私の思考はぐーんと自由になりましたよ。

自分なりの軸を持てるようになった

自分は自分。人は人。よくそう言われるけれど、言うは易く行うは難し。笑
ついつい人と比べて勝手に落ち込んだり、傷ついたりしてしまうもの。少なくとも私はそうでした。
ライフコーチングで自分自身の内面に向き合って、自分自身が大切にしたいものは他の人と違っていてもいいという当たり前のことをようやく受け入れられるようになりました。自分なりの価値基準を持って、それに従って生きてもいいと自分に許可できるようになりました

誰かのせいにしなくなった

人生は取捨選択の連続です。誰かの価値基準に合わせて生きることは、人生の選択を誰か他の人にゆだねてしまっているということ。それでよしとしているならそれもまた自分自身の選択でもあるワケですが、、、多くの人は、自分で選んでいないことを自覚していないことも多い。そして、自覚していないがために、自分を無意識に被害者にしたてて、誰かを責め続けることに貴重なエネルギーを費やしてしまうという悪循環に陥ることもあります。まさに私がそうだったんですが。。。笑
自分の感情ですら、自分で選べるんです。無意識であるにせよ、自分が何を得たくて何を選んでいたのか。。。
それに気づくことで、自覚的に自分が納得できる選択を積み重ねることができるようになります。
逆に、「誰かのせいでこうなったーーー!!!」と人を責めることができなくなってしまいましたけどね。
「自分で選ぶ」ことは、自分の人生に100%自分で責任を負うことでもあります。だからもちろんシンドイことだってあります。結果もぜ~んぶ自分の責任になっちゃいますから。
だけど、誰かのせいにして被害者意識いっぱいの人生がとことん嫌になっているなら、自分で選んでいることをまずは自覚することで、そこから解放されて、自分らしさ100%納得度100%の人生を創っていくことができますよ

まとめ

いかがでしたか?
ライフコーチングに出会って何が変わったのかについての極私的レポートでした。
ほんの数か月で人生が一気に変わったわけじゃありません。じっくりじっくり自分に向き合うことで土台を踏み固めて、結果としてこうなっていたという感じ。
でも、時間をかけて自分の根っこの部分をしっかりさせたことで、これからはちょっとやそっとじゃ倒れないだろうという自信は身に付きました。
特に、他人の意向を気にしすぎて自分の本音が分からなくなってしまっている人、真面目すぎたり優しすぎたりして生きづらさを感じている人、かつての私みたいにちょっと不器用で人生全般にシンドさを感じてる人に是非活用していただきたいと思っています。
私もパートナーとしてあなたのこと、力いっぱい応援しますよーーー!!!

ではまた!

 

 

ブログ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です